項(こう)

項(こう)

20171209202125413.jpeg

後編はカスタムMisakiから。
初めてアゾン様開催のデザコレに参加させて頂いた時の作品です。
カスタムMisakiと、そのお洋服の色違い(ピンクのもの)のドレスセットを販売しました。
このMisakiは自分のすべてのカスタムドールの中でもかなり気に入っています。
アゾン様に植毛をお願いする際、ショートカットのヘアスタイルに決めて本当に良かったと思いました。

2017120913485956a.jpeg

代官山のJunie Moon様の企画展にお誘いいただくようになってから、
たくさんのブライスを作らせていただきました。
中段、右の子は初めて参加させて頂いた時の子です。

私はもともとブライスからこのお人形の世界を知っていったので、
カスタムを始めたのもブライスからでした。
この、ジュニームーン様に作品を寄せさせて頂くようになった頃、
昔少しでもブライスのカスタムを勉強しておいて本当によかったと
少しほっとしたような気持ちで作り始めることが出来たのをよく覚えています。

ブライスの方でもQPさまとコラボさせて頂いています。
上の写真では上段の右の子と、
下段の真ん中の子です*

20171209134859e9d.jpeg

↑こちらの写真ではHのhiroさんがJunie Moonで2人展をされた際、
コラボのカスタムをさせて頂いた子が二人写っています。
VioletとNuitと記してある子たちです*
この二人は今振り返ると余計思うのですが、
お洋服を作られているhiroさんの作品から感じられるクールさとスタイリッシュさを
私なりに精一杯表現しようとして、
それがきちんと形になった子達だと思います。

201712091348580ac.jpeg

Leo & Ruiのbukkoさま主催の、
ユノアガーデンとフォトセッションに参加させていただいた際のドレスセットです。
フロゥが着ているのは自分が好きな可愛らしさを思いっきり表現したセットで、
付属の帽子もソックスも大好きなデザインが出来てとても特別なセットになりました。
下段のニットドレスは、
デザイン性では私の作ったお洋服の中で一番だと思っています。
このドレスは機会があればまたぜひ制作したいです。
とても綺麗なパターンが出来ました。

20171209134846987.jpeg

20171210081042427.jpeg

カスタムrurukoもオークションやショップに出品することが多くなりました。
rurukoは元のメイクが薄めの子が多いので、
カスタムすると色んな表情に化けてくれて面白いです。
幼めの顔立ちなのであえて大人っぽくすることも大好きです。

201712091349023bd.jpeg

今年の前半はほとんどをこの準備に使いました。
イラストレーターMAKIさんのJunie Moonで行われた個展に
とても光栄なことにゲストとしてお呼びいただきました。
この個展の準備をしている中で、
ブライスのカラーアイやプルリングの制作もできるようになり、
お洋服の表現の幅も広がったように思います。
MAKIさんのとても愛らしいイラストにお洋服やカスタムを合わせていくのがとても楽しい作業でした。

201712092055323fe.jpeg
2017120920553071a.jpeg

ドールズクローゼットのお話は今年の春に頂いたのですが、
ブライスの方の準備とちょうど時期が重なり、
自分の中では最も忙しい春から夏になりました。
本のお仕事は初めてだったので、進め方も試行錯誤の連続で
何より四体のドールに合わせて作るパターンの量に
情けない話なのですが目眩がしてしまいました(笑)
うまく作業が進まず自信をさらに無くし、
この頃がもっとも泣いた日が多かったように思います。

でもその甲斐あってか撮影が全て終わる頃には
納得いくものができたと思えるくらいになり
最後まで妥協しなくてよかったと自分を褒めることが出来ました。


201712091349063f7.jpeg

今年の秋にはキキポップのイベントにも参加させていただきました。
うちにはキキポップがいなかったので、
素体を手にしてほぉー!と興味深くとても新鮮な気持ちになりました。
じり じりと初めての素体を一歩ずつカスタムを進め、
アウトフィットも揃えていき、
全体的なデザインも、アウトフィットなどの出来も
とてもいいまとめ方ができたと振り返って思います。

アイドールに委託させて頂いたり、ruruko boyのカスタムをオークションに出したり、
秋も順調に作業ができました。

2017120913490473f.jpeg

そして今年最後のイベント、
PLAYROOM 伊勢丹でのドレスセット販売になります。
夏のMAKIさんの個展の際にお話は頂いていたのですが、
私のお洋服デザインがなかなか定まらなかったりして
制作期間が二週間ほどになってしまい、
最後の方はすごいスピードで制作しながら変なアドレナリンが出ていたように思います(笑)

大舞台でのドレスセット販売でしたが
MAKIさんの大変なお力添えにより
無事初日完売を達成できたことは今年のクリスマスプレゼントだと思いました(*πωπ*)


以上で作品まとめ、前編後編終了になります。
カスタムを始めた時も壊れるのを前提にいじりはじめ、
徐々に綺麗なペイントや植毛ができるようになっていきました。
最初はものすごく苦手で、作るたびにもうやりたくない!と諦めていたお洋服作りも
そのものだけでお話を頂けるくらい力をつけることが出来ました。

今も落ち込んではまたちょっと浮上しての毎日ですが
こうやって振り返るとやれてきたことも多かったと、
落ち込まなくていいか、とも思えます。
これからもちょっとでも自信を増やしていくために
ひとつひとつの機会を大事に作ることを続けていきたいです。

読んでいただきありがとうございました!
これからもK.S.をよろしくお願い致します。

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply